株式会社  清(あおい) 推進工事・土木工事土木/とび・土工/水道施設

小口径推進工法

小口径推進工法について

小口径推進工法とは小口径管先導体に小口径推進管(主にコンクリート)又は誘導管の先端を接続し、管を埋設する工法です。

  • 河川の下など地上からの施工が困難な場合
  • 交通量の多い場所
  • 周囲の環境条件
  • 工事現場の近隣住民への配慮

…など、に合わせた施工ができます。
また、あらゆる土質(軟弱質・粘精度・砂礫土・硬質土)、管種、管径などに多彩に対応可能です。

スピーダー工法(仮管併用二工程方式)

弊社ではスピーダー油圧式小型地中廃刊装置を使用し、幅広い土質への対応を可能にし 小型で高精度な小口径管推進工法を行っています。

●スピーダー

小口径推進工法の施工方法

1. 準備工

スピーダー本体、及び必要部材一式は、クレーン付4トントラック一台で搬入搬出でき、作業面積もコンパクトです。機械の搬入搬出に必要な道路幅は、最低2m。機械本体もコンパクト設計の為、小スペースでの作業が可能で内径φ1500ミリの立坑から発進が可能です。

2. 測量工

方向性を出すために、発進坑のライナー又は矢板の前と後ろにマーキングします。
前方マーキング点から管芯までの距離を計測します。

3. 機械据付工・鏡切工

本体とトランシットを計画勾配及び計画センターに据え付けます。本体に油圧ユニットをつなぎ、セッティングを行います。本体設置後、発進坑の鏡切工を行います。

4. スピーダーヘッド接続

計画線上に仮管としてリード管を推進させます。スピーダーヘッドを本体に接続します。

5. リード管推進工

トランシットでスピーダーヘッド内のターゲットを確認し方向修正しながら推進していきます。

6. 埋設管推進およびリード管回収

リード管が到達坑に届いた後、第二行程として塩ビ管などの推進を行います。リード管の後部に先頭カッター、そして埋設管内にスクリューを接続し、管を埋没させながら先導管を到達坑に到達させていきます。

7. スクリューを撤去し管内清掃

到達坑に埋設管が到着した後、先頭カッターを取り外し順次回収していきます。
塩ビクリーナーにより埋設管内の清掃を行い、スクリューを回収し、 推進作業完了となります。